パソコンのバックアップとデータ復元

パソコンのバックアップとデータ復元 パソコンを使っていて、気がつくとデータがいつの間にかなくなっている、ということも起こるものです。
誤って消してしまったかハード的な原因があって消えたのか、原因はともかくデータがなくなるというのは致命的な出来事と言わなければなりません。
もしバックアップをとっていないと、できるものであれば再び同じデータを作成するという手間が必要になってきます。
思い違いで削除しただけであれば、ゴミ箱からデータ復元することで事なきを得ますが、複雑な内容のデータであれば、一般ユーザーが簡単に元に戻せるものではありません。
あるいは専門業者に依頼してデータ復元をしてもらうという手法もあります。
もちろん有償とはなりますが、着通なデータであればお金を払ってでも復旧させなければならないでしょう。
そういったことにならないように、普段からバックアップをしっかりととっておくことが奨励されるのです。
バックアップさえとっておけば、万一の事態が起こってもデータを取り戻すことができます。

パソコンを使い続けるときはバックアップを怠ってはいけません

パソコンを使い続けるときはバックアップを怠ってはいけません 現代では、パソコンなしでには仕事も趣味も活動が大きく制限されてしまいます。
それほど重要な位置づけにあることはあらためて言うまでもありません。
ただ機械というのは、いつなんどき不調に見舞われることか予見できないのです。
そういったリスクはつきものと考えておかなければなりません。
もしハードディスクが損傷してしまったら、マシンとしての機能は果たせなくなるのです。
その機械の操作ができないどころか、大事なデータも取り出すことが著しく困難になります。
今まで撮ってきた思い出の写真データが入っていたり、仕事で使う大切な資料も見ることができなくなるのです。
マシンについては、お金さえ出せば新しいものを買えばいいのですが、データというのはそういうわけにはいきません。
そのために日常的にデータをバックアップいておくことが必要になってくるのです。
確かに球のかかることではあります。
しかし、パソコンを使用し続けるのであれば、データをバックアップしておくことを忘れてはなりまません。
マシンに不具合が起こる可能性はいつでもあるのです。

新着情報

◎2019/7/22

バックアップ時の注意点
の情報を更新しました。

◎2019/5/30

スマホでバックアップすべきもの
の情報を更新しました。

◎2019/3/29

サイト公開しました

「データ 使う」
に関連するツイート
Twitter

昨日は白金台にあるABEJAという会社に打ち合わせに行ってきました。 AIで使う学習用の教師データのアノテーションツールを提供しています。 わかりやすい説明でディープラーニングする前のデータの大切さを教えてもらいました。

Twitter株式会社ルーキング【公式】@rooking_inc

返信 リツイート 5分前

「人工知能(AI)が個人の心理を読む時代が現実となり、日本では学生データの利用を巡る「リクナビ問題」が起きた。」で片腹痛い。これで心理を読むって言ってたら推薦とかもダメなのでは? / リクナビのつまずき 個人情報の鉱脈、使う知恵試す: 日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

ありがとう。次の授業で使うスライドデータは……

Twitter瀬尾鳴海【瀬尾研究室】@narumiseo_bot

返信 リツイート 11分前

返信先:@inagori_inv 初回バッチで障害とかマジギレするやつw 普通なら処理時間やデータ量で気使うとこですもんね。ファイトです!

社内張り紙に使う画像でもうちょっと大きくとか小さくとかクソ細かいリテイクいらんだろ データやるから自分でやれよ

データだって?一体何に使うんだ?

RT @tatuki_h: 「人種や市民権の状態、学歴などを組み合わせていくと特定の度合いは高くなった。さらに車の所有状況や住宅ローンの状態を含む計15の属性情報を使うと(略)特定の1人のものだと絞り込めた」→ビッグデータ、匿名化でも高確率で個人特定 海外で指摘(朝日)http…

Twitterりさ 映画「マスカレード・ホテル」DVD絶賛発売中@mamakaizoku

返信 リツイート 24分前

返信先:@nekokichi44 あのデータ量見るとリセマラする気にならないですね…。とりあえずミヤコ育てようと思ったら持ってなかった顔。まだ1.5記念分しかガチャやってないしパーっと石使うか。

【ブログ更新】AWS Lake Formation FindMatchesでデータセットの統合、重複削除 amzn.to/2TGmCHa AWS Lake Formation FindMatchesを使うと、完全には一致していないようなデータでも人間が目で見て判定するかのように処理できます。データの重複削除も簡単です。#AWSBlog pic.twitter.com/iXIRYSHzrL

TwitterAWS / アマゾン ウェブ サービス@awscloud_jp

返信 リツイート 38分前

サブクエリを使う使わないは想定データ量と求められる速度なんかの要求仕様次第な気がする.使えるんなら使えば便利だけど,webとかだとなかなか使えないよな..(´・ω・`)